生活における防音・騒音の攻略

■上下階の振動音と隣人の話し声などの問題について
①皆様のお悩みの一般的な事例
となりの「話し声が」うるさい!ヒールの足音が「コツコツ」と響く、 上下階の「ドンドン」という音が響いてくるなど、皆様はご経験があるかと思いますが、如何でしょうか?
一件外観を見ても立派なコンクリート造りで立派に 見えるマンションも意外にそういう事があるし、起こっているものです。
ただ単に「うるさい~!!」一見単純に思われる事柄ですが、これは意外と現代人にとっては悩みのタネでもありますし、解決を行うにも複雑かつ多種多様な上に、建物の構造にも関係してくることなのでやっかいですよね~!!
静かな建物に移り住みたいと言う方も少なくは無いかと思います。
そこで!そんなお悩みの方へその抜け出し方を防音賃貸のプロから見た選択肢をお伝えしたいと思います。

②解決の選択肢について
1. 問題となる音は2種類あります。
一つ目は完全に建物の構造上の問題です。
二つ目は「生活音のうち我慢の範囲を超える以上の音」生活音も頻度によっては我慢できる範囲もありますが、「話し声」「上下階のドンドンという振動音」「歩く足音やヒールのコツコツという音」「怒鳴り声・喧嘩の声」などは生活音以上の範囲を超えて問題となるのではないでしょうか?
2.音の問題はそう単純な簡単ではない。
生活音=我慢できる範囲の音とそれ以上との境目や境界がどこなのか?これは、人それぞれでありうるさいと感じた側の感覚次第にゆだねられている。つまり、うるさいと感じた側が気にしすぎるという可能性も十分なきにしもあらずなのです。
ここではどこからどこまでが生活音=我慢出来る範囲の音で、どっちが悪いというような「線引・境界は行なえません」と言うよりもそもそもそれはもとより不可能に近いともいますが皆様如何でしょうか?そもそも問題に遭遇しないような賃貸物件並びに分譲マンションの選び方や、騒音の対処方法とは本当にあるのでしょうか?

③構造上問題について
よくあるマンションでの騒音問題のうち分類しますと下記の3つです。
A.(賃貸)木造や鉄骨構造の住宅で各室の堺の壁に吸音・断熱材・遮音材が全く入っていない賃貸住宅。
B.(賃貸)鉄筋コンクリートの建物でも上下左右のコンクリートの厚さが薄い上に吸音・断熱材・遮音処理がされていない賃貸物件。
C.(購入した分譲マンション)鉄筋コンクリートの建物でも上下左右のコンクリートの厚さがある程度しっかりしていると思って購入下にもかかわらず上下左右に吸音・防振・遮音処理がされていない建物。

解決方法について
1.引っ越しを検討する。若しくはオーナー又は管理会社と交渉して建物内部構造を変更してもらう振動防止システム制振材を6面に施工する。詳しくはお問い合わせ下さい。
2.買い直す=ほぼ現実的ではありませんので振動防止システム制振材を6面に施工すると言うのは如何でしょうか?詳しくはコチラにお問い合わせ下さい。
上記の構造上の問題についてはある一程度解決が望めますので詳しくはお問い合わせ下さい。
有限会社ガルバプランニング TEL:03-6434-9135
3.隣人の発する奇声や怒鳴り声我慢できない生活音についての解決策。
構造上の問題以外の音やクレームについては
■法律家に相談
■ 管理会社若しくはオーナーに相談する
■引っ越しを検討する
■分譲マンションの管理組合に相談する

トップページへ戻る