優れた防音性能を持つ賃貸マンションを探すポイントのご紹介です。

楽器演奏用の防音賃貸住宅から録音スタジオや高遮音の生活遮音に至るまで幅広く防音賃貸物件をご紹介しています

賃貸マンション、アパートを見つけるためのチック項目についてのご紹介です。

  • 03-6434-9135
  • 10時~18時/定休日:水曜日お電話は営業時間外でもOK

遮音と防音性が優れた賃貸住宅を探り当てるポイント! 

 

 

建物の構造を気にしつつもまずは、「間取りと壁内部構造」に注目です!

 

 

音のクレームを気にせず安心して快適に暮らすにはまずは、

専門知識の豊富な不動産屋さんに依頼しましょう!!

マンションやアパートといった共同住宅の場合、隣の方又は上下階の人との騒音トラブルは特に気になる事と思います。

 

 騒音トラブルで生活がしずらい あるいはご自身が迷惑をかけるなど「音」への心配事は賃貸では誰にでもありうる話しですよね。そのためには 賃貸であっても少しでも遮音性の高い物件を探す、あるいは入居後の工夫により多少であっても不安を軽減する方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

防音性の優れたマンションとしてまず一番最初に思いつくのは建物の構造ではないでしょうか?

一般的には木造の建物よりも鉄骨(軽量鉄骨・重量鉄骨)の方が防音性能が高い、その鉄骨よりもRC造(鉄筋コンクリート造)の方が防音性能が優れ、さらにRC造よりもSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)の方が防音性能が更に優れていると言われています。しかしプロの意見を参考にしてみると「単純な構造の違いだけではなく、どのように壁が施行されているかも大切」とのことです。

施行とはどのようなことをさしているのでしょう。

例えば、左の図のように壁と壁の間にしっかりとした断熱材と硬化石膏ボード3重ばりの入った木造建築と コストをかけずに建てた薄い1枚石膏ボードの内装で出来た鉄骨造の物件どちらの方が防音性能が高いと思われますか?

この答えはプロではなくても、実際に家を借りる方にもわかりますよね!

当然ですが断熱材のしっかりと入った木造住宅の方が防音の性能としては高くなります。

 

キーワードその2は、意外と「間取り」重要なキーワードになります。

ご自分のお部屋とお隣のお部屋がどのように接しているかによっても 生活防音としてはかなり影響があるのです。お風呂に入っているときに気持ちよく歌をうたう方はいるかもしれませんがクローゼットで長時間歌をうたう人はあまりいないのではないでしょうか?(私の周りにはあまりいませんが、みなさんの周りの方も同じですか?)そこでご自身のお部屋とお隣の方のお部屋の壁が互い違いのクローゼットになっていると想像してみてください。

それはお互いの部屋の間に大きな空間ができまるでそれぞれが厚い防音の壁で仕切られているようなものですよね。つまり空気層で音を遮蔽しているのです。                (右の絵の様に)→

 このような間取りの物件は例え木造住宅であっても高い防音性能を発揮すると思われます。

この他にも居室同士が隣り合うことがない物件であると生活防音による心配は軽減されるのではないでしょうか。このような間取りを検索して物件選びをすることは現実的ではないと思われるかもしれませんが例えばお気に入りの物件を見つけたとき お部屋の紹介をしてくれる不動産会社にお隣や上下階の間取りも見せてもらえるか聞いてみるのはいかがでしょうか?できる限りのお手伝いはしていただける そんな信頼の置ける不動産会社を探してみましょう。