賃貸オーナーの皆様へ御進言申し上げます

音楽、賃貸、防音、住宅を融合させた物件のご紹介をさせて頂いております。賃貸住宅と楽器演奏可能なお部屋とは一見結び付かないミスマッチの様に思えますが、そこに防音室と言うエッセンスを接着剤に加えれば!あ〜ら不思議!!マッチングして新たなニーズと市場が広がるではありませんか?ぜひ皆様も自由な発想で新たなる賃貸住宅市場を考えて見てはいかがでしょうか?


■物件に入居者が決らないといって家賃を下げていませんか?

問題は企画力不足しているのは一般的な不動産屋さんなのです。
大家さんの募集方法上の知識不足による事と、物件を委託する不動産屋さんの企画力と提案力に問題があります。 物件を建てた当初は入居率100%だったのに、最近は特に物件が供給過多になって近隣競合物件との差別化が出来ずにいます。 そうすると10年20年と経ってくると入居率が悪くなっているのが実情です。 その結果、家賃を下げたり、募集広告専門の不動産屋さんに依頼したりすると悪循環がはじまります。

■家賃を下げる前に建物自体に付加価値を付け、家賃を下げないようにしましょう!

建物とは外観だけではありません。
近隣競合物件との圧倒的差別化が家賃の安定をもたらします。 既存の良い居住者を大切にしながら、空室時に近隣競合物件との差別化をはかり、次の良い入居者を獲得し長~く住んで頂く。 これが空室対策において最善の方法ではないでしょうか?

■ではいったいどの様にすれば、近隣競合物件と圧倒的な差別化が図られると共に安定した賃料収入が得られるのでしょうか?

弊社では他社との圧倒的差別化のご提案

防音賃貸、楽器可、セレクト賃貸のご提案を行っております。 この時代にあって他社との差別化はもとより賃料収入のアップが平均20%~30%が見込まれます。 また場所によっては45%UPのところも御座います。
現時点で弊社オーナー様方には大変喜ばれている上に空室対策に最適と、重宝されております。 又、入居者様にとっては防音賃貸、楽器可賃貸が都心を含め全般的且つ圧倒的な供給不足の為、即入居となる事例がほとんどです。
もし宜しければ、是非一度弊社にお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

不動産屋さんチェック項目一覧表

 依頼している不動産屋さんは次のいくつ当てはまりますか?

  1. 募集提案力と企画力があり、入居者のご案内がよくある
  2. 設備故障やクレームに対して迅速に対応してくれる
  3. 家賃滞納者に対して対処してくれる
  4. トラブルがないように定期的に居住者と連絡を取っている
  5. 建物の点検を定期的に行っている
  6. 家主さんとまめに連絡を取り合っている
  7. 家賃回収分を遅滞なく振り込んでもらっている
  8. 敷金返還(原状回復ガイドライン)についての知識を持っている
  9. 退去時に家主さんと借主さんが納得した精算をしてくれる
  10. 全ての費用に関して根拠がある説明をしてくれる

YESが0~4個の場合は→駄目な不動産屋さん
5~7個の場合は→普通の不動産屋さん
8~10個の場合は→安心できる不動産屋さん

トップページへ戻る